【”悲しい予想”サッカー日本代表”1次L突破”「可能性ない」!!!】”トルシエ氏”突破の可能性を「60%」”!!!

2002年サッカー・ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表を指揮したフィリップ・トルシエ氏が14日、W杯ロシア大会に臨む日本の1次リーグ突破の可能性について「理論上で言わせれば、私としては、日本が上に上がる可能性はない」と語った。同日に東京都内であったイベントに出席後、報道陣の取材に答えた。トルシエ氏はイベントのトークショーで突破の可能性を「60%」としていたが、数日前のインタビュー記事で「非常に難しい」と話していたことに触れられると、本音を明かした。ただ「サッカーは理論でやるものではない。初戦が一番大事」と、コロンビア戦がカギを握るとの考えを示した。国際サッカー連盟の世界ランキングでは日本の61位に対し、1次リーグH組で対戦するポーランドが8位、コロンビアが16位、セネガルが27位。トルシエ氏は首位通過をコロンビアと予想し、日本が突破するために必要な最低条件を勝ち点4(1勝1分け1敗)とした。現在の日本について、12日の強化試合のパラグアイ戦に勝ったことによって「ちょっとほのかな希望の光が見えてきた」と前向きな見方もしたトルシエ氏。「世界中のどのチームと戦っても、打ち負かすだけの能力は持っている。必要なのは自信を持つこと」とエールを送り、パラグアイ戦で見せた一体感を出すことを期待した。今大会の優勝候補にはフランス、ブラジル、ベルギー、イングランドを挙げた。

引用元「https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000082-mai-socc.view-000」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする