サッカー:ロシアW杯 開幕 – 毎日新聞

ロシア-サウジアラビア戦の前半、ロシアのガジンスキー(手前右)が先制ゴールを決める。奥は歓声をあげるサポーター=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年6月14日、長谷川直亮撮影 [PR]  【モスクワ大谷津統一】サッカーの祭典、第21回ワールドカップ(W杯)ロシア大会が14日、当地のルジニキ競技場で開幕した。1次リーグA組のロシアとサウジアラビアが開幕戦で対戦し、前半12分にロシアのユーリー・ガジンスキーが大会最初の得点を挙げた。W杯がロシアで開かれるのは旧ソ連時代を通じて初めて。プーチン露大統領は開幕戦に先立ち「全てのチームの成功を祈っている。ロシアへようこそ」とあいさつした。競技場の内外には警察官らの姿が目立った。ロシアにとっては2014年ソチ冬季五輪以来の大規模な国際大会。ドーピング問題で失墜したスポーツ大国の誇りを取り戻せるかも問われる。  大会には32チームが出場し、11都市12会場で熱戦が繰り広げられる。8組に分かれて1次リーグを戦い、各組2位までが決勝トーナメントに進む。決勝は7月15日(日本時間16日)にルジニキ競技場で行われる。10年南アフリカ大会以来の1次リーグ突破を狙うH組の日本は、19日にコロンビア、24日(同25日)にセネガル、28日にポーランドと対戦する。 文字サイズ 小中大 印刷 シェア コメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする