【話の肖像画】元サッカー日本代表・釜本邦茂(2) 五輪や外国に行けるとサッカーへ

〈サッカーを本格的に始めたのは小学校の先生に誘われたのがきっかけだった〉  子供の頃、スポーツは何でもやりました。子供たちの間で人気があったのはプロ野球や大相撲。自宅が京都市で、太秦(うずまさ)にある撮影所(東映京都撮影所)の近くだったから、撮影所にもぐり込んではチャンバラごっこもやった。  特別、サッカーが好きというわけではなかったですね。中学では野球部に入り、甲子園に行き、プロになる。長屋暮らしだったので、契約金で大きな家を建てるのが夢だったね。  小学5年の時だったと思いますが、先生から「野球はプロになるのは難しいし、せいぜい甲子園まで。サッカーなら外国へも行けるし、オリンピックにも出られる。いいぞ」とサッカー部に誘われました。3歳上の姉からも「海外に行ける」と勧められ、その気になりました。  蜂ケ岡中は京都府レベルではサッカーが強い学校でしたね。1年のころはボール拾いとランニングの毎日。当時、ボールは貴重だったから、蹴らせてもらえなかった。ボールの代わりに石を使って、自分でどうすれば真っすぐ蹴ることができるか、工夫しながら練習しました。  進学した山城高も、高校選手権で優勝するほどの強豪だったけど、1年からレギュラーで出してもらえました。国体で優勝したり、選手権で準優勝したりするうちに、自分がFWとして全国で何番目ぐらいのレベルというのが分かってくる。1年でユース代表に選ばれたりして、昭和39年に東京で開催される五輪に出たいという意識が出てきたのもこのころでした。 続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする