日本代表の監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が、名誉回復と解任の真相解明を求めて提訴に踏み切るという。日本協会の田嶋幸三会長(60)は「選手と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、

日本代表の監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が、名誉回復と解任の真相解明を求めて提訴に踏み切るという。日本協会の田嶋幸三会長(60)は「選手と… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。:
https://www.nikkansports.com/soccer/column/writers/news/201805110000686.html.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UClTabxx0KAmvhaaZzFJsyJg?sub_confirmation=1
 日本代表の監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が、名誉回復と解任の真相解明を求めて提訴に踏み切るという。日本協会の田嶋幸三会長(60)は「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れたこと」を主な解任理由に挙げ、ハリルホジッチ氏は「問題はなかった」と反論。来日して会見を開き「田嶋会長に不満を言った代表選手は2人」と明かすと、田嶋会長は「1人か2人の選手が反乱したような言い方は失礼。選手の対応は大人。選手たちこそ日本サッカーのことを真剣に考えていた」とした。 それはさておき、ハリルホジッチ氏が「デュエル」という概念を「置きみやげ」として残してくれたことは、日本にとって大きな財産だ。「決闘、対決」を意味し、サッカーにおいては、1対1の競り合いでの球際の強さ、ボール奪取力とボール保持能力を指す。中盤の高い位置でボールを奪い、効果的なショートカウンターで敵陣を脅かす。日本代表が世界で生き残るためにも「デュエル」は欠かせない要素の1つだ。 そして、「デュエル」の持ち主が仙台にいる。MF奥埜博亮(28)だ。今季はリーグ戦7試合に出場し無得点と目立たないが、3月31日の長崎戦で左ひざの靱帯(じんたい)を損傷しチームを離脱するまで、リーグ最多となるタックル数(25回)をマークし、デュエル数(78)もリーグ最多と、1対1での球際の競り合いで断トツの勝率64%をはじき出していた。 リーグ最強のデュエルを誇る選手となると、大柄で屈強なイメージだが、奥埜は身長は171センチ、68キロ。ボールを保持する外国人選手にまとわりついてマイボールにしたり、表情も変えずにひょうひょうと倒され、ファウルを奪って相手をいらつかせるシーンを何度も見た。奥埜を見ていると、小兵でもデュエルする足元の技術に優れた11人を集めれば、世界と戦えるのではないかと想像力を広げてしまう。 中途半端な高さがあっても世界には通用しないし、いっそ制空権を放棄したチーム編成はどうだろうか。身長170センチ以下のデュエル集団「U-170」日本代表を新設とか…。不可解な解任劇が起きた日本代表を見ていると、目指すべきチームの将来像を考えてしまう。 ◆下田雄一(しもだ・ゆういち) 1969年(昭44)3月19日、東京都生まれ。Jリーグが発足した92年に入社し写真部に配属。スポーツではアトランタ、長野、シドニー五輪などを撮影取材。17年4月に2度目の東北総局配属となり、同11月から仙台を担当。蜂須賀(右)と競り合う仙台MF奥埜(2018年5月1日撮影)
#日本代表の監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が、名誉回復と解任の真相解明を求めて提訴に踏み切るという日本協会の田嶋幸三会長(60)は「選手と…日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports, #com)
#サッカー現場発, #バヒド・ハリルホジッチ奥埜博亮日刊スポーツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする