岡崎慎司、W杯への「決意と覚悟」 因縁のコロンビア戦で4年前のリベンジへ【田嶋コウスケ】

今から4年前のブラジルW杯。グループリーグ最終節のコロンビア戦で、日本代表が唯一決めたゴールの得点者が岡崎慎司だった。 0-1のコロンビアリードで迎えた前半アディショナルタイム。右サイドから本田圭佑が入れたクロスボールを、岡崎は得意のヘディングシュートでゴールに叩き込んだ。「ボールが自分の方向に飛んでくるクロスに合わせるのが得意」と話す、実に岡崎らしい得点だった。 しかし、同点に追いついたのも束の間、後半に3点を奪われ1-4の大敗を喫した。結局、日本は1勝もできないままグループステージ敗退。「これが自分たちの実力」と肩を落とした岡崎も、ゴールの喜びがきれいに消え失せた。 あれから4年の月日が流れた。当時ブンデスリーガのマインツにいた岡崎は、プレミアリーグのレスターに籍を移し、世界最高峰の舞台イングランドに身を置くようになった。屈強なディフェンダーが揃うプレミアで揉まれながら、加入1年目には「奇跡のリーグ優勝」に貢献。在籍2季目には欧州チャンピオンズリーグでベスト8に進出し、欧州のトップクラスたちとしのぎを削った。 身体もプレミア仕様に合わせた。接触プレーの激しいイングランドで当たり負けすることが増えたことから、加入1年目に肉体改造に着手。とくに、胸、肩、首周りはブンデスリーガ時代に比べてもずいぶんと逞しくなった。同時に、専属フィジカルコーチの杉本龍勇氏の指導を受けながら、動きのキレを落とさぬように努めた。体重は2~3キロ増えたが、俊敏性が落ちることはなかった。 その成果のひとつが、敵を背負った状態でくるりとターンし、マークを1枚剥がすプレー。密集地帯やカウンターで敵を交わして前を向ければ、大きなチャンスにつながる。積極的に取り入れたこのターンは、レスターで貴重な攻撃のアクセントになった。 「攻撃のスイッチ」を入れるのがこのターンなら、守備のスイッチを入れるのがチェイシングである。パスコースを切りながら、ボールホルダーを追い込むようにしてプレッシャーをかける。ただし、向こう見ずに追いかけるわけではない。周りの状況を把握し、ボールの取りどころを探りながら間合いを詰めるのだ。 精力的に走る岡崎のこうした守備は、レスターのショートカウンター、つまり、高い位置でボールを奪い、素早く攻撃に転じるサッカーの中で不可欠な武器になった。岡崎が守備に走り始めると、チーム全体にスイッチが入って動きが活発になるのだ。 そして、12日に行われた日本対パラグアイ戦でも、岡崎は献身的な守備でチームにスイッチを入れていた。トップ下の香川真司と連動しながら行なった前線からの守備は、間違いなく勝因のひとつだった。 その岡崎は、今回のコロンビア戦をどのように捉えているのか。「何もやらせてもらえなかった」ブラジルW杯の最終節コロンビア戦から4年が経ったが、奇しくも、ロシアW杯はこのコロンビア戦から始まる。少しばかり因縁じみている気もするが、そのような捉え方はまったくしていないという。「(今回のコロンビア戦は)別物だと思っているので、はい。もちろん、リベンジという気持ちは俺らにはあるかもしれないですけど、コロンビアにはないと思うので。あのときのコロンビアは突破が決まっていたし、向こうには良い思い出しかないと思うんですよね。今回のW杯に関しては(対戦が)初戦です。お互いにグループリーグ突破がかかる、かなり運命を左右する試合になってくる。だから、今回こそ本当の意味での”W杯のコロンビア戦”になると思う。前回のコロンビア戦は、やっぱり『早く点をとらなきゃ』という焦りがあった。『1-1のスコアで守りながら2-1にする』という進め方ができず、バランスを崩してしまったので。だから、(力の差という意味で、コロンビア代表との)距離は間違いなくあると思います」 日本もコロンビアも、出場する選手と経験値は変わった。だから、コロンビアとの実力差が今どれくらいあるのか、両国の間にある距離は分からないという。だが、日本が挑戦者の立場にあることは強く意識している。決意と覚悟を持ち、全力を尽くすと力を込める。「4年も経てば、クラブでの活躍や経験も変わってきていると思うので、あのときのメンバーとは違ってきている。そういう意味では、(コロンビア代表と力の差の)距離なんかは全然わからないです。ただ、自分たちがチャレンジャーというのは間違いない。『国と国の戦い』というプレッシャーがある中で、グループリーグとして最初に決められている試合は、たった3試合しかない。この3試合に懸ける思いは、どのチームも強い。クラブでは(欧州で)やってますけど、W杯は別物です。間違いなく、どの選手も未知の体験になるかと思います」 4月中旬に左足首を痛め、プレミアリーグではラスト5試合を欠場した。5月21日から始まった代表合宿でも別調整で後れをとったが、ここにきてコンディションを上げてきた。しかし、現代表では先発の座が保証されているわけではない。ベンチを温める可能性もあるし、試合の流れを変える切り札として、ラスト20分のタイミングで投入されるシナリオも考えられるだろう。 ただ、自身3度目となるW杯のピッチに立てば、プレミアリーグで培ってきた経験が必ず生かされるはずだ。攻守のスイッチ役として機能しながら、虎視眈々とゴールを狙うことだろう。 そしてもちろん、岡崎にとっては自身の成長を日本代表に還元するチャンスでもある。キャリアの集大成となるW杯で、大きな存在感を示したい。(文・田嶋コウスケ)  【おすすめ記事】W杯日本代表選出はサプライズなし 見せ場は「ゴルゴ13」だけ!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする