本田ベンチで「ドリブル総数」激増…16年9月以降最多の21、香川&乾の「突破力」勝因

本田ベンチで「ドリブル総数」激増…16年9月以降最多の21、香川&乾の「突破力」勝因
2018年6月14日6時0分  スポーツ報知 パラグアイ戦で控えに回った(左から)槙野、本田、大島  ◆国際親善試合 日本4―2パラグアイ(12日、オーストリア・インスブルック)  西野体制初白星を挙げたパラグアイ戦。データスタジアム株式会社の分析によると、日本代表の「ドリブル総数」が16年9月以降で最多を記録した。敵陣を切り裂く香川、乾らの“突破力”が勝因の1つとなったと言える。  パラグアイ戦…
http://www.hochi.co.jp/soccer/worldcup/CO034053/20180614-OHT1T50049.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする