本田圭祐VS香川真司「共存できない」2人の激烈空中戦(1)落選したハリル・チルドレン

ロシアW杯まであと1週間余り。ハリルホジッチ前監督の下で代表漏れを経験していた「BIG3」がそろって、新生・西野ジャパンに招集された。ただし4年前のブラジルW杯と違い、3人がピッチで共存する姿は見られそうにない。とりわけ本田と香川はスタメンの座を巡って、ガチンコでぶつかり合う──。  6月14日に開幕するサッカーロシアW杯。ハリルホジッチ前監督(65)が電撃解任されてから2カ月、西野朗新監督(63)の下で、サムライブルーのメンバー23人が決定した。そこにはいわゆる「BIG3」と称される本田圭佑(31)、香川真司(29)、岡崎慎司(32)も無事に名を連ねていた。週刊アサヒ芸能4月26日号で予想したとおり、3人が「死の淵から蘇生」したのだ。スポーツ紙サッカー担当記者が言う。 「5月31日のメンバー発表会見は、どよめきのない静かなものでした。BIG3の誰かが落ちるのか、そんな空気が流れていただけに、逆にサプライズ人選だったとも言えますが(笑)」  最終予選で本田のポジションを脅かし続けた久保裕也(24)や、3月の初代表戦でいきなり初ゴールを決めた中島翔哉(23)が予備登録27人に残ることはなく、最後に落選したのも井手口陽介(21)、浅野拓磨(23)、三竿健斗(22)の若いハリル・チルドレンだった。サッカー担当記者が続ける。 「逆にケガで不安視されていたベテラン組の香川や岡崎、乾貴士(30)が23人に滑り込んだ。…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする