GK川島永嗣、東口&中村との競争意識「練習から常に3人で刺激し合ってる」

【日本 4-2 パラグアイ 国際親善試合】  日本代表は現地時間12日、オーストリア・インスブルックで行われたパラグアイ代表とのテストマッチに挑み、4-2で勝利した。この試合でベンチ入りしたGK川島永嗣がインタビューに答えている。  スイス戦では何度かミスを犯し、ピンチを招いていた川島。パラグアイ戦ではGK東口順昭が先発出場し、川島はベンチスタートとなっている。これに関して、変化はあったか聞かれると「まあ、みんなの意識っていうのがゲーム全体を通してよかったと思うし、何より結果がね。こういう形で出たっていうのが一番だと思いますけど」と語っている。  後半からはGK中村航輔がプレーしているが「まあ試合だけじゃなくて、練習から常に3人で刺激し合ってるし。誰が出てもいい状態でみんなコンディション整えると思うので、そのへんは落ち着いて見てましたけどね」と答えている。  ワールドカップで起用された場合について川島は「そうですね、結果的に勝利につながっていくプレーっていうのはね、しなければ今日もやっぱ自分たちでいい時間帯を作りながら1本でやられたりってのもあるし。そういうところでホントにそういうシーンの方がより難しさってのがありますけど。そういう中で仕事をしていくことが今、このチームの中では求められると思うし、集中してやってかなきゃいけないのかなとは思いますけど」とコメント。  パラグアイ戦でもチームは再び失点しているが「前提がね、どういうふうにプレッシャーかけるとか、追い込むとかっていうのはかなり意思統一はできてると思うし。ただホント、結果的に失点してるところをこの2〜3試合だけではなく、ウクライナの時もそうですけど。自分たちが引いた時、ああいうエリアにいる時には誰かが出ていかなければいけないし、そのへんも詰めなければいけないところだと思います」と語っている。 (取材:元川悦子、文・構成:編集部)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする