本田圭佑、W杯終了後は恩師を訪ねイタリアへ?「フリーだしインザーギの所へ行くかも」

日本代表MF本田圭佑がミラン時代の恩師であるフィリッポ・インザーギについて、自身の見解を示した。ミラン情報サイト『MilanNews.it』などが10日、報じている。長友、宇佐美、原口の奥さんも!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】本田は8日、ルガーノで行われたスイスとの国際親善試合(0-2で日本は敗戦)に出場。77分にMF香川真司と交代してベンチへ退いたが、試合終了後、イタリアメディアなどの取材に応じていた。本田は、自身がミランに所属していた2014-15シーズン、チームを率いていた現・ヴェネツィア指揮官のインザーギを称賛。ロシア・ワールドカップ終了後には、恩師を訪問する可能性を示唆した。なおインザーギは今シーズン、ヴェネツィアをセリエBで5位に導き、昇格を懸けたプレーオフへ進出したが、準決勝でパレルモに敗れている。 「インザーギは僕の監督でした。彼から多くを得て、多くを学びました。今シーズンの彼の仕事はとても素晴らしかったと思います。ヴェネツィアで良い仕事をしてくれるよう願っています。ワールドカップのあとはフリーなので、彼を訪問するかもしれません」 またインザーギの元同僚であり、現在、ミランを指揮するジェンナーロ・ガットゥーゾについても、見解を示した。ミランの闘将はチームがまさに必要としていたものを与えることができたと日本代表MFは考える。 「シーズン途中からミランは良くなったと聞いています。ガットゥーゾは負けているときでも選手を信じていました。このメンタリティがチームに必要だと思います。僕が所属していた時も、このメンタリティがミランに必要だといつも感じていました。来年は、今シーズンよりも良いプレーを見せてくれると思います」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする