サッカー日本代表:合宿 3バックの布陣で攻守の連係確認 – 毎日新聞

[PR]  千葉県内で合宿中のサッカー日本代表は27日、約2時間練習をした。ミニゲームでは、3バックの布陣で攻守の連係を確認した。  右太ももを痛めた乾(エイバル)はこの日も別メニューでの調整となった。  日本代表はワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けた壮行試合として、30日に日産スタジアムでガーナ代表と対戦する。 長谷部、周りに声をかけ守備陣リード  新布陣の3バックの中央で守備陣をリードするのが長谷部(アイントラハト・フランクフルト)。クラブでも同じ役割を務めるなど経験豊富な主将は「個人的に後ろ、中盤のどちらでもできる。自分の強みを生かしてやっていきたい」と自信を見せる。  この日のミニゲームでも主力組の3バック中央に入り続けた。新布陣の連係面はまだ手探り状態で、従来の4バックの布陣を取った控え組にDFラインの裏を取られる場面も多かったが、選手たちはその場で監督を含めて疑問点などを何度も確認。守備の動き方を確認する練習では長谷部が「オートマチックにやらないとだめ」などと周りに声をかける様子も見られた。  両ウイングバックが下がれば5バックにもなる陣形だが、長谷部の印象は「3バックはかなり攻撃的なイメージ。中盤での数的優位を生かした崩しを加えていきたい」。そのためには自分たちがどれだけ最終ラインを押し上げていけるかが鍵だと考えている。  「このトライは面白いもの。監督が言うように形にこだわりすぎず柔軟性を持ってやっていく中で、自分の役割は大きいと思う」。コミュニケーションを取りながら、チームを力強く引っ張っていくつもりだ。【大島祥平】 文字サイズ 小中大 印刷 シェア コメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする