乾貴士、焦る気持ちを抑え自身に課した役割 「チームを明るくする、盛り上げること」

国内合宿5日目、軽いダッシュを行うなど回復をアピール「日に日に良くなっている」 日本代表は国内合宿5日目の25日、最後の合流組が加わり、故障で離脱したMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)、ホテルで別メニューとなったFW岡崎慎司(レスター)を除く25人が揃った。右太ももの負傷で調整が遅れているMF乾貴士は、「チームを明るくする、盛り上げることは考えている」と、今の自分にできる役割を口にした。 エイバル3年目の今季、乾は第36節ジローナ戦でゴールを挙げるなどシーズン終盤に調子を上げていた。しかし、最終節のアトレチコ・マドリード戦を前にした5月17日の練習中に味方選手と接触して右太ももを負傷。帰国して合宿3日目の23日に、ようやくグラウンドに出てメニューを消化している。 25日には室内トレーニング後にランニングや軽いダッシュを行うなど回復ぶりをアピールし、西野朗監督も「乾の状況を見れば、再招集というのは考えてはいない」と話した。乾自身、「日に日に良くなっている」と現状を端的に表現する。「ここまで上げてこられた。怪我するまではすごく好調だったので残念ですけど、焦ることなく、まずは怪我を治すことだけに集中しています。今年は嬉しいことに1年間試合に出させてもらいましたし、自分では感じていない疲れはあったと思うので、それを取るためには逆に良かったのかな、と」「一人ひとりが自己中になるのはまた違う」 この日はピッチに出た後、ランニングですれ違うMF長谷部誠(フランクフルト)やDF酒井宏樹(マルセイユ)に大きな声をかけ、スタンドからの声援にも手を振って応えるなど、チームの雰囲気作りに一役買う場面が見受けられた。本人もその分は意識しているという。「自分は今、怪我をしている状態ですけど、チームを明るくする、盛り上げることはできるのでそこは考えている。もちろん、まだ23人が選ばれてないので競争はありますけど、一人ひとりが自己中になるのはまた違う。まずはみんながチームのためにと考えて、チームワークを作らないといけない」 乾にとって、30日のガーナ戦は最後のアピールの場。「もちろん目指している」と焦る気持ちを抑えながらも、照準を絞っている。「ここまで(選考に)残っていることも今まではなかったので、なんか変な感じですけど、嬉しいことだし、すごく光栄なことです。あとは西野さんが23人を選ぶだけ。コンディションを上げて、トップパフォーマンスに持っていき、そのうえで最後に残れたらいい」 乾のドリブルをはじめとした個で打開できる能力は、世界と戦う上では一つの武器になるのは間違いない。自身初の大舞台に立てるのか、乾は来たるべき時に向けて静かに闘志を燃やしている。(Football ZONE web編集部)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする