大韓スキー協会、スノボW杯韓国誘致に向け努力 (5/17)

大韓スキー協会、スノボW杯韓国誘致に向け努力

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/0517/10212878.html

大韓スキー協会が、国際スキー連盟(FIS)スノーボードワールドカップの国内誘致に向けて努力している。

 大韓スキー協会は、ギリシャ・コスタナヴァリノで去る13日(日本時間)に開幕し来る19日まで開かれるFIS総会に出席している。

 FIS総会は128か国の会員国スキー協会代表者らが集まる席で、去る2012年には韓国の江原道(カンウォンド)にて、アジアで初めて開催された。

 今回のFIS総会で大韓スキー協会は、スノーボードアルペン種目のワールドカップを誘致するため、積極的な外交戦を繰り広げている。来る2019年2月、フェニックス平昌(ピョンチャン)で大会を開催したいとの計画だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする