【コラム】“相思相愛“の仲になった酒井宏樹とマルセイユ、出会いは運命的だった – サッカー

【コラム】“相思相愛“の仲になった酒井宏樹とマルセイユ、出会いは運命的だった – サッカー
マルセイユの人たちは、極東の国から来たアジア人DFの名前を一発で覚えた。 「今日は寒いね~」を意味する“ça caille” 。「サ・カイーユ」という発音するこの言葉は、「サカイ」と聞こえる。だから、みんなの耳に、酒井宏樹の名前はすんなり入ってきた。  しかし、このサイドバックのプレーは、「寒い」とはほど遠かった。 『背番号2』は、毎試合ちぎれんばかりに体を張ってゴールを守る。ゴールマウス真ん前に…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする