サッカーキング:中島翔哉、活躍の要因はチームとの「相性」…W杯へ「楽しんでいいプレーを」 – 毎日新聞

情報提供:  ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉は16日、都内で取材に応じた。  欧州初挑戦の今シーズン、公式戦33試合に出場し10得点13アシストを記録。今月14日にはFC東京からの完全移籍が発表された。中島は「すごく楽しかったですし、成長もできたと思います。すごくいいチームでプレーできたことは良かったです」と今シーズンを振り返った。  ポルトガルが中島自身に合ったリーグであることは「想定していた」という。「チームに合流して1試合目から出れたので、そこは想定外でしたけど。リーグ自体、ポルティモネンセのスタイルは自分に合っていると思いました」と活躍の要因にはポルトガル、そして所属するポルティモネンセとの「相性」を挙げた。  その活躍が評価され、3月には日本代表に初選出。デビュー戦のマリ代表戦でいきなりゴールを決めた。開幕まで1カ月を切った2018 FIFAワールドカップ ロシアでの活躍も期待されている。今週18日には代表発表も控えているが、ワールドカップに向けて「選ばれたら日本のためにプレーしたいです。個人的には楽しんでいいプレーをして、日本の力になれればと思います」と意気込みを語った。 【関連記事】●FC東京が発表、中島翔哉がポルティモネンセへ完全移籍…欧州1年目で10得点●中島翔哉、最終戦で3ゴールに絡む! ポルトガル1年目は10ゴール12アシスト●中島翔哉がコネクト株式会社とマネジメント契約締結「一層努力を」●デビュー戦ゴールで確かな一歩…中島翔哉が代表争いに生き残る術は?●待望の日本代表初招集! ハリルジャパンの“切り札”中島翔哉の歩み 情報提供: 文字サイズ 小中大 印刷 シェア コメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする