ペルー代表主将ゲレーロのW杯欠場決定、CASが処分期間を来年1月まで延長 – サッカー

ペルー代表主将ゲレーロのW杯欠場決定、CASが処分期間を来年1月まで延長 – サッカー
【AFP=時事】サッカーペルー代表の主将を務めるパオロ・ゲレーロ(Paolo Guerrero)は14日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定で薬物違反による出場停止処分の期間が14か月に引き伸ばされた。これによって同選手は2019年1月まで資格停止処分となり、W杯ロシア大会(2018 World Cup)への出場が不可能になった。【特集】写真で振り返るサッカー選手のビフォーアフター カンピオナート…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする