「伊藤達哉はゴールやアシストのみで評価していけない選手」HSV指揮官が重用するワケは? – サッカー

「伊藤達哉はゴールやアシストのみで評価していけない選手」HSV指揮官が重用するワケは? – サッカー
ハンブルガーSV(HSV)率いるクリスティアン・ティッツ監督にとって、FW伊藤達哉は得点やアシスト数で評価するべきではないと強調している。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えた。 HSVは28日に行われたブンデスリーガ第32節でヴォルフスブルクを3-1で撃破。4試合連続先発出場を果たした伊藤だが、この試合ではPKの獲得を含め、2ゴールを演出している。前半終了直前には、リーグ戦18試合目の出…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする