最悪の事態は回避…マルセイユ酒井宏樹、左膝負傷により3週間離脱へ

最悪の事態は回避…マルセイユ酒井宏樹、左膝負傷により3週間離脱へ
マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹が、左膝内側側副靱帯の捻挫により少なくとも3週間離脱することが分かった。クラブ公式サイトが伝えている。  酒井は、21日に行われたリーグ1第34節リール戦に左サイドバックとして先発出場。前半20分にスライディングした際に負傷し、途中交代を余儀なくされた。  クラブ発表によると、最低でも3週間離脱するとのこと。今季リーグ最終戦は5月19日のアミアン戦となってい…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする