【コラム】バルサファンに新しく刻まれた“年号”…CL敗退で見えた「問題点」とは?

【コラム】バルサファンに新しく刻まれた“年号”…CL敗退で見えた「問題点」とは?
バルセロニスタに新たな年号が刻まれた。「2018 ローマ」。ほんの3年前までは、歴史のテスト前の学生のように、彼らは歓喜の年号をそらんじていた。「1992 ウエンブリー」、「2006 パリ」、「2009 ローマ」、「2011 ウエンブリー」、そして「2015 ベルリン」だ。  バルセロナがビッグイヤーを掲げた年号と場所をバルセロニスタは覚えている。彼らは3年前、今後も別に出題されるわけでもないのに…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする