【サッカー日本代表】西野朗監督会見詳報(5完)選手との信頼関係は「方向性、情熱、気持ちをぶつけているかどうかだ」

--W杯での目標は。それを達成したら監督続投も視野に入っているのか 西野監督「かつて(アトランタ)五輪で2つ勝っても上に上がれなかったことを経験している。これは五輪の中でもなかったことだし、W杯でも考えられる。1試合1試合の戦いで、ベストを尽してチャレンジする姿勢の中で戦っていきたい。(言葉を)濁すようだが、1次リーグは突破したいと思う、もちろん。そういう力を信じて作っていく2カ月だと思う。ただ、選手にはそういう数字的なもの、目標を大きく与えるつもりはない。彼ら、経験のある選手たちには特にそう思っているし、あえてと思う。現状より間違いなく選手はいいプレー、パフォーマンスを出してくれる。そういうなかでコロンビアに挑んでくれると思うし、十分チャレンジできる状況になると思う」 --ガーナ戦後にメンバーを発表する。監督として試合経験の回数が少ないが、予定されている3試合以外に非公式の試合を組んだりするのか 続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする